ダイエット効果は痩せてからが勝負です

40代も後半になりどんどん体重が増えていきました。元々痩せ型の体形でダイエットなんて無縁でした。しかし代謝がどんどん落ちてきて、運動も嫌いだったのでこの数年で一気に体重が増加しました。息切れはするし健康診断で注意されたので真剣にダイエットを開始しました。

しかし何をどうしたらいいのかわかりません。急激にダイエットをするとお肌にも良くないと聞きましたので、まずは本を買ってきて自分でもできる簡単なダイエットに挑戦しました。運動系はだめなので食事系をすることにしました。

私が始めたのが炭水化物抜きダイエットです。ごはん大好きな私には少々きつかったですが。夕食だけおかずにし我慢しました。するとあっさりと体重が減っていき今はマイナス5キロに成功しました。

ダイエットをする時は、一度に大きなダイエットをするという方法はやめましょう。
反対に一度の大食いでは、胃が大きくなることもなく、太ることもありません。
「継続は力なり」を、ダイエットで見せましょう。

ダイエットをして行く時は、課題を一つずつ増やしていきます。
まずは、食事をする時にお皿の一部を残すことから始めます。

これが出来るようになると、太ることがなくなります。
お皿に乗っているモノをセーブすることで、セーブする力が付けられます。

食べる量がセーブ出来たら、運動を増やしていきます。
運動には種類があって、脂肪を燃やす運動と、筋肉を付ける運動があります。
二つの運動の種類があることが分かれば、自分がしていることが理解しやすくなります。

一度にすべてをするのは大変ですので、一つずつゆっくりとペースを作って行くのが正しいダイエットにつながると思います。

今日は何となく気分が塞いでいます

今日は朝から何となく気分が塞いでしまっています。
正確には昨晩からかも…特に理由ってないんですけどね。
今日のこの曇り空みたいな気分です。

何だか急にふっと、虚しくなっちゃって。
今日がお仕事お休みだから、気がゆるんじゃったのかもしれません。

こういう時は、誰かとわいわい騒いでうっぷん晴らしするのも良いですが、楽しめないのなら迷惑をかけちゃうだけだし、あえて一人で本を読んだり、ゲームをしたり、趣味の絵を描いたりして過ごすのも良いかもしれません。

あ、そうだ!
昨晩、何となくですがお風呂に入りたくなかったので入っていませんでした。
これからスーパー銭湯に行ってこようと思います。
お風呂に入ったらスッキリするかもしれないし。

では、行ってきま~す!

満員電車は誰しも避けたいものだが、仕事を持つ人にとっては避けられず、1日で一番最初に体力を使うところだろう。大きな駅に到着し、乗客がほとんど降りていった後、乗り込んでくる客が椅子取りゲームのごとく座席に座ろうと走り込む気持ちはよくわかる。こういう行為は喧嘩になりさえしなければ誰に迷惑をかけることはない。

電車での迷惑行為としてよくいわれるのが、ヘッドフォンからの音漏れ、電車内でのメイクだが、個人的に迷惑だと感じるのは、満員電車でタブレットを操作することである。電子書籍をタブレットで読んでいるわけだ。満員電車ではスマホの操作ですら窮屈で難しいというのに、スマホの2まわりも3まわりも大きなタブレットを堂々と自分の目の前に持って読書にふけっている人は本当に腹立たしい。タブレットが肩や背中に断続的に当たるのでイライラする。新聞を読むのですら我慢しているサラリーマンが多いなか、我関せずといったふうにタブレットを操作するのはやめてもらいたいものである。

子供時代の夢は大人になっても続きます

朝9時から15時まで近くの商工会議所で
販売士検定資格の更新の為の研修にいってきました!!
途中に休憩がありますけど、時間が非常に長く感じました。

学生以来、勉強してなかったので途中うとうとしちゃいました。
というか、となりのおじさんいびきかいて寝てましたよ!いいのか!

ところで、販売士の資格更新の費用っていくらかかるか知ってますか?
地域によって違うらしいのですが、
私の場合8000円(テキスト代込み)かかりました!
案内がきたときに、高いな~と思って夫に相談してみたら、「別に、荷物になる物じゃないんだから更新しときなよ。」と言われました。

いや、何その考え方新しいな!

ほかの資格についても検索してみたところ更新の費用が1万円する物もあるらしいですね。

いやびっくり。。。
今日もおつかれさまです。

そういえば、最近大人になる前に、子供の時に思いついた夢って何だろう?と考えるようになりました。
なぜ、このようなことを考えたのかというと、やりがいだとか、夢というキーワードをネットで見かけるようになったからです。
今現在は、普通のサラリーマンとして会社に勤めていますが、この仕事に就いたのは成り行きでした。
そんな時思うのです。
私がやりたかったことは本当にサラリーマンだったのかな?と考えるのです。
こういうことを考えると、色々な想像が止まらなくなります。
子供の頃目指していた夢や願望を思い出すのです。
たまには、昔目指していた夢に関わるような趣味を触ってみるのも良いかもしれません。
そういう趣味こそが、本当に生活に癒しを与えるものかもしれないからです。

ネクタイと車と

私の相方は、あんがい着るものにこだわっています。こういう人間のネクタイ選びにつきあうのは楽ではありません。しかしけっして一人でいくことはないんです。先日も、二人で、年に二回ある恒例バーゲンにネクタイを買いに出かけました。そして、例によってああでもない、こうでもないとやった末、水玉のネクタイは一本も持っていないから、買ってみるかということななりました。
鏡の前で紺地に白の細かい水玉のネクタイを当てている相方に、私が、うーんちょっと地味だねと言ったら、ちょうどその時に相方の後ろを小さなおばあちゃんがとことこと通り過ぎて、ぶすっとした顔で、地味だよと一言いって去っていきました。私と相方は、ぽかーんとしてしまいました。

結婚する前までは車は人生の必須アイテムと考えていました。

車がないとデートするのにも支障が出たし、車があるのとないのとでは女性の視線も違うように感じてました。

ところが今は車は持っていません。正直もう要りませんね。便利な駅の近くにマンションを買ったので、どこにいくにも電車やバス、タクシーで十分なのです。

便利な街なので車で走るとすぐに渋滞にあいますし、駐車場がばか高い。ひと月30000円です。

駐車場代だけで年間36万円も捨てる事になるんです。バカバカしいです。

効率よい移動、ストレスのない移動はやっぱり公共交通機関です。

移動しながら読書もできるし、寝ていても到着するんですから便利です。

近頃はカーシェアリングも普及してきたので、余程収入が上がらない限りもう車を買う事はないでしょうね。